『マインドマップ・プラクティショナー講座』が 開催されました

2018.03.14

『マインドマップ・プラクティショナー講座』が 開催されました

『マインドマップ・プラクティショナー講座』が 開催されました 3月11日、
アクションセンター表参道で、
玉川 一郎 講師による
マインドマップ・プラクティショナー講座
が開催されました。


~*☆*~*∞*~*☆*~*∞*~*☆*~*∞*~*☆*~*∞*~*☆*~


「マインドマップ」ってなぁに?


マインドマップとは、
英国の教育者トニー・ブザンが開発した
創造的な思考技術です。

自分が考えたいテーマを紙の中央に絵で描き、
そこから放射状に枝を伸ばして、
キーワードやイメージを繋げながら、
発想を広げていきます。

マインドマップは、
脳に本来備わる情報処理プロセスを活用した思考法。

実際に描いてみると、誰でも思考が整理され、
次々に発想がわいてくることに驚きます!


~*☆*~*∞*~*☆*~*∞*~*☆*~*∞*~*☆*~*∞*~*☆*~


3月11日の講座では、
玉川講師の講座を受講するために
半数以上の受講生が、岡山や大阪など、
遠方からお越しになりました。

どんな一日を過ごせるか、
ワクワクドキドキの受講生です。

20180311①


講座は、玉川講師の自己紹介からスタート!
なんと、マインドマップを36年前から使われているとのこと。

ありとあらゆるものをマインドマップで書いてこられた経験や、
実際のマインドマップを活用しての成功事例は、
とても興味深く、すこし緊張気味だった受講生も
どんどん講座に惹きこまれていきました。

20180311②


マインドマップはとてもシンプル!
そのため、我流でマインドマップを使われている方も多いのですが、
「実は基本をしっかり身につけることが大切」

なぜならマインドマップは、目的によって書き方が違うのです!

基本をしっかり知っているからこそ、
何を省略して書くか
何ををキッチリ書いていくか

足し引きが出来るようになるのです。

受講されるまで我流でマインドマップを使い、
うまくいかないと悩んでおられた受講生の方は、
目的に合わせた書き方のコツを知り、
「こんなにスムーズに書けるなんて!
       もっと早く知りたかった~!」と大感激。

20180311③

そして、
玉川講師のマインドマップ講座の特長は、
毎回、質問の嵐であること。

どんなタイミングでも質問OK!
受講生も積極的に質問します。

だから、1回の講座で、いつも30以上の質問が出るんです。

玉川講師は、どんな質問でも、
一つ一つ丁寧に分かりやすく解説してくださり、
実際に使えるノウハウを実例をまじえてお話ししていただけるので、
安心して質問できるのですね。

そんなところも、玉川講師の魅力です♪

20180311④

講座も後半になると、全員が素敵なマインドマッパーに‼

20180311⑤

マインドマップをスムーズに書けるようになり、
夢中で書く!
楽しんで書く!
書く!書く!!書く!!!

20180311⑥

マインドマップを書くことの意味、
マインドマップを書くことで開ける可能性
を感じ、
まさに春の訪れを予感させる
満開の笑顔溢れる講座となりました。


■受講生の声
・マインドマップをきれいに描くのではなく使い倒し、
 マインドマップを描こうと思った目的を達成するマインドマッパーになりたい。
・聞くだけでは理解できない所を、実際に体感できるところに
 とっても意味があり、自分や他人に伝える時に役立つと感じた。
・子供が使えるように、自分自身がやって見せたい。
・自分の理解を深めるために他人にも教えたい。
・働き方改革にも活用できるのでは?



マインドマップの詳細情報はコチラをクリック!


アルマクリエイションズの講座情報はコチラをクリック!